knit, My concept

もっふぁんアルパカで編んだネックから編むセーター

Sapo-tricotへようこそ
島根の編み物と犬好きのsayokoです

寒くなってくるとますますニット欲がわいてきますね♪

こちらは2017年の5月にネックから編むセーター。毛糸だまに載っていた編み方を参考に、サイズを自分サイズに製図して、模様も同じく毛糸だまからお借りしました♪

手首から脇、脇から裾にかけて模様をいれているのがこだわりポイント。普通の編み方では、ここに模様は入れられないので、ネックから編むセーターを編むときに絶対やってみたかったんです♪

使用糸は もっふぁんアルパカ を12玉くらい使用しました。ただ、残念なことにこのもっふぁんアルパカは今はもう販売してません。

ベビーアルパカを使った、軽くてふわふわな糸で手触りよくて、何よりお値段がリーズナブル♪

編み方は、ネックから別ぐさりで作り目をして、ラグラン線のところで増やし目をしながら輪に編んでいくタイプです。

脇の辺りまで編んだら、袖の分を休み目にして、胴体を輪でぐるぐる編む♪

裾まで編んだら、腕と、首回りを拾って袖と首回りのタートルを編む。

とじはぎがないので楽々です♪

色も形も全部私の好み。冬場にかなり大活躍してくれてます♪

製図を勉強してよかったなと思うのは、自分好みのニットが編めたとき。

しかし、この模様は結構ややこしくて、よく編んだな~と過去の自分に関心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です