Sayoko's Knitting history, 棒針指導員コース

棒針編み指導員コース

Sapo-tricotへようこそ♪

島根の編み物と犬好きのSayokoです❤

日本手芸普及協会にはたくさんの手芸のスキルアップコースがあります。

現在の私が受講しているのが、

棒針編み指導員コース

コースを終了するためには、計6作品提出する必要があります。

(写真は、ひとつ目のギャザースリーブのプルオーバー)

初心者向けの基礎を学ぶ入門コース、自分のサイズで編めるようになる製図を学ぶ講師コース

棒針編みとかぎ針編みの両方を終えて、やっと指導員コースに進めます。

指導員講師との違いは、ただサイズ調整をするだけでなく、もっときれいなボディラインを出すためのダーツを取り入れたり、複雑な編み込みに挑戦したり。

一通り編み方を習得しても、まだまだ奥が深い編み物。

最近では、通っているお教室で、編み物をすることなんてほぼなく、ひたすら製図です。

製図ができるようになると、自分の好きな糸を使って好きなデザインで作品が編めるようになる。編み物の幅がどんどん広がっていくんです♪

やはり、せっかく編むなら自分のファッションを楽しめるニットが編みたいですよね~♪課題のニットも、必須項目以外はどんどんアレンジして、指導員科を楽しんでおります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です