Crochet, Sayoko's Knitting history

余りエコアンダリヤの使い道

ニットカフェで、二つ目の作品にエコアンダリヤのサマーバッグを編まれた方が、続々と完成報告をしてくださってます✨

足りなかった場合を考えて、多目に3玉購入してもらっていますが、編む人の目の固さによってあまり具合が全くちがうんですね!

私は2つで編みましたが、3つでギリギリ編める方もいらっしゃいます。

本の通りの量を用意しても、多目にかかれているので余ることが多いです。

今回、バッグを編んだ方になにか余った少量の糸でも編める小物がないのか探してみたところ、ありました!ぴったりなものが💡

がま口のコインケース。

こちらは、1玉なくて出来るので余った糸をバッグとお揃いのコインケースにすると、可愛いです✨

編み地を強くするために、紐を編み込んでいます。編み込み専用のものもありますが、私は100均にも売っている、巾着などに使う紐を使ったので、それでも代用できます。

↑巻き込んだのは、このタイプの紐です。写真はお借りしましたm(_ _)m

いろんな色がありますが、ご自分の選ばれたエコアンダリヤの色に一番近いものをえらびましょう💡私は、試作のため真っ青な糸を編みくるみましたが、やはりチラチラと青が見えて気になります(^^;

がま口はセリアで手に入れました✨丸い形で、財布部分を縫い付けるタイプの物を使用してくださいね💡

編み物って、色を2色にして組み合わせたりするなどの工夫をすれば、ちょっとの糸でも作品が作れちゃいます♪

余った糸は、ぽいっとする前になにか編めるものがないか考えてみましょう♪

ニットカフェの日程はこちら