Travel

ノルウェーで見つけたYarn Shop

こんにちは。今年の夏は、今まで生きてきて一番の暑さだったように感じます。今日で八月は終わりますが、まだまだ秋らしい季節は来てくれそうにありませんね。

私事ですが、この8月の一番暑い時期、灼熱の日本を抜け出して、北欧ノルウェーへ行っておりました♪

8月のノルウェーは、夏ですが気温は日本の秋くらい。日差しは日本よりも強いため、太陽が出ていると少し暑いのですが、影になるとジャケットがないと寒いような気候です。この時期の日照時間は長く、夜の9時過ぎまで日が出ているので、夜まで街歩きが楽しめますよ♪

さて、北欧といえば寒い国。寒いと言えばニットですよね!「毛糸だま」(ヴォーグ発行の編み物雑誌)で、おなじみのアルネ&カルロスさんもノルウェー人。せっかくノルウェーに行くのなら、本場の毛糸屋さんに行ってみたい! なかなかの弾丸旅行の中、毛糸屋さんを事前に調べて、なんとか本場の毛糸屋さんへ行くことができました。

デン ノシュケ フリーデン(Den Norske Husfliden)

ノルウェーの首都オスロにある毛糸屋さんです。下調べによると、ノルウェー手工芸協会さんが経営しているお店だそうです。日本では、手芸屋さんの中に毛糸もあるというお店がほとんどですが、さすがノルウェー。このお店は糸がメインで、9割くらい毛糸です。

色も、とってもカラフルでお店にいるだけで楽しい♪おいてある作品もどれもセンスのいいものばかり。店員さんが、接客の合間に編み物をしているのも素敵でした。

お店の場所は、オスロ中央駅から歩いて約5分のところにある、GLASMAGSINETという建物の地下一階にあります。HEIMEN HUSFLIDENという、ノルウェーニットや雑貨のお店と同じフロアです。営業時間は、18時ごろまで開いています。日本と違って、ほとんどのお店が15時ごろい閉店してしまうので、ありがたい♪

FRU KVIST

こちらもオスロにある毛糸屋さん。オスロ駅から歩いていける範囲にあります。ただ、このお店を見つけたのは夕食を食べたあと。すでにお店は閉まっていたので立ち寄れず、ウィンドウに飾ってあるニットを眺めたのみ。

あとから、FacebookやInstagramでお店を検索してみましたが、いろいろとイベントもしているようで、またノルウェーに行ったときは、マストで行きたいお店です。

NORWEGIAN SPIRIT

ベルゲン駅構内にある毛糸屋さん。駅に毛糸屋さんがあることにびっくりですよね!しかもほんとに電車を乗り降りするホームにあるんです!残念なことに、こちらのお店も見つけた時には、ちょうど閉店時間だったため、Sorryと言われて入れてもらえませんでした。

ベルゲンに向かう電車が1時間遅れてしまったので、電車が遅れなければ行けたのに~!でも、過ぎてしまったことはしょうがないですね。行きそびれたところがあると、また必ず行ってやろう!とモチベーションが上がりました。

ノルウェーでは、オスロ、フロム、ベルゲンへ行きました。結局行けた毛糸屋さんは1店舗。歩けば毛糸屋さんに出くわすだろうな~なんて思っていましたが、意外とどこでもあるわけではなく、事前調べをしていたから、とっても素敵なお店にたどり着けました。見るだけでいいや、と思っていましたがやばり店に足を踏み入れると、日本では出会えない色の毛糸だらけであれもこれもと欲しくなります。

私は、何を編むか決めていなかったため、Knit proと大きめの毛糸玉を二つ購入しました。1玉1500円くらいで、スカーフや両手分のミトンなど編める量です。物価が恐ろしく高いノルウェーにしては、毛糸はそこまで高いわけではないのかなといった印象です。

ノルウェーに行く編み物好きさんは、ぜひ私の行けなかった毛糸屋さんにも行ってみてくださいね♪ 別記事で、ノルウェーでの観光や思い出話を載せようと思います。

ご訪問ありがとうございました♪