Travel

ノルウェー ~ベルゲン歩き~

ノルウェー旅行 最終目的地のベルゲンへ到着

ベルゲン

ベルゲンといえば、このカラフルな建物が特徴的。この建物は、奥に長く繋がった造りをしていて、飴になる前の金太郎飴みたい。

建物自体が世界遺産に指定されていて、傷んだら修理して大切に保存されています。木造なので結構たわんでいて、正面から見ると斜めになっているの、写真でも分かりませんか?実物はもっと歪んでますよ~。

この写真を撮ったときは、7時ごろですがまだまだ明るい。ベルゲンはオスロよりも観光客も多いので、遅くまで開いている北欧グッズのお店もありますー!

ベルゲンは結構暖かくて、テラス席でビールを飲む人がたくさん。冬場は日照時間が短いので、ノルウェーの人の夏はできるだけ外で日を浴びたいのかな。

Souvenir Shopもやはりノルディックセーター。お値段はだいたい4万円くらい。ガイドブックには、手編みって書いてあったので、ノルウェーの物価にしてはそんなに高くない気もします。

ベルゲンの魚市場

ロブスターかな?少し青みがかった日本では見ないような色。

これは、ナマズですね!顔が両手分の手のひらくらいの大きさ。

スモークサーモンやら、いろいろ。

魚市場でも、食事をすることはできますが、ここは結構観光地化してて、どの店も同じようなものを提供しているよう。市場なのカード使えるしDuty Freeって書いてあります。

ここで買ってよかったなと思うものは、チューブ型のキャビア。洋風な明太子のような味で塩味が強く、パンにつけて食べるとすごく美味しい。 唯一もっと買えばよかったと思った食べ物です。

ベルゲンの街を見渡せる展望台へ。

9時ごろでしたが、まだまだ明るい。夜景をみたいと思ったら、もっと遅い時間に行かないと見れなさそうです。

レストランもあったりして、この景色を眺めながらワインを飲んでいる方もいました。最高ですね~♪

ベルゲンは首都オスロよりも、賑やかな印象でした。いい景色のテラス席で、お酒を飲むのが好きな方にはオススメな街でした!