Sayoko's Knitting history, 棒針指導員コース

棒針指導員科 フリーラグランのプルオーバー

こんにちは!2017年の秋から取りかかっている、棒針指導員科の3つ目の課題のフリーラグランのプルオーバーが編み上がりました!

ラグランとは?

首から脇にかけて、斜めにラインが入ったスタイルのことです。今までのものはタンクトップのような見頃を前後で編み、袖を取り付けるタイプでした。

今回のお題は、ラグラン線の製図をして実際に編んでみること。

編み物歴5年目になりますが、実はラグランセーターを編むのは初。とても勉強になりました!

模様は、自分で選んで入れてみたのですが、少し失敗。ラグラン線に交わるエリアにも大きい模様をたくさんいれてしまったため、線と交わるところで模様が崩れてしまいました。

ラグランセーターをデザインするときは、中心に大きい模様を集めて、サイドはシンプルにメリヤス編みか、鹿の子編み、もしくは小さめの模様をいれるべきだ、ということを学びました。

裾は、ねじり二目ゴム編みをたっぷりと。表だけでなく裏目もねじってます。

模様がボリュームたっぷりだったので、バランスを取るために、首回りは2目ゴム編みを内側に折り込んで、かがり縫い。

実際着てみるとこんな感じ。たまたま購入したばりの白いスキニーと相性ばっちりでした。

使用糸は ごしょう産業

ピエロ ファインメリノ 303番 14玉