knit, Sayoko's Knitting history, 棒針指導員コース

棒針指導員コース 丸ヨークのプルオーバー

棒針指導員コース

提出課題の丸ヨークのプルオーバー

やっと完成しました!製図をしたのはおそらく2018年の夏。編み始めたのが9月頃。

使用糸は、ピエロの防縮ウール

パッと見は分かりませんが、防縮ウールで編むと、メリヤス編みが綺麗に揃わない。

模様のあるものに合う糸なんだろうな~と思いました。

編み込みはヨークだけでなく、手首回りと裾回りにも。

どうしても子供っぽくなってしまうヨークセーターも、黒をベースにすると大人でも着られるデザインになりますね!

今回、見頃の裾から脇にかけて、編み込みを綺麗にするために輪針で編みました。

が、実際やってみると襟ぐりの減らし目を考えるのが結構大変。

思ったよりも模様も綺麗にならなかったので、前後の見頃はやはり分けて編むべきだな、と勉強になりました。

ヨークはこんな感じで、袖と見頃から拾っていきました~♪

まち針でピン打ちして固定し、できるだけ細かく印をつけて、どこからどこまでを何目ひろえばいいのか、ちゃんと計算してます。

かなりくるくる巻いてくるので、スチームもいつもより念入りにあててから。

今回の製作での大変だったエピソード

編み込みゲージとメリヤスゲージが全然違ったこと。

見頃をすべて編み終えたところで、まさかの胴回りが100センチ越え。

さすがに、全てほどき、メリヤスゲージを取り直して計算しなおしました。

編み込みはキツくなりやすいので、無地の部分は別でゲージとられるのがいいと思います。

今回の模様は、こちらの本よりお借りしました。