Knitting Pattern, Sayoko's Knitting history

イラレで編み図をつくろう」に参加してきました!

2019年8月8,9日に日本ヴォーグ社で開催された「イラレで編み図をつくろう」講習会に参加してきました。

以前から、編み図を手書きでなくデータで作れるようになれば、幅が広がるのにな~と思っていたところ、この企画を知り、即申し込みました。

参加者さんは、編み物歴の長そうなニット愛好家。講師の先生は、編集者さんでもある舟生さんと古山さん。

お二人とも本当にニットと編み図作りが大好きなユニークな方で、丸二日間朝10:00~17:00のみっちりスケジュールも全然苦じゃないくらい楽しく過ごせました。

ちなみに舟生さんは、以前私の「わんことおそろ」ワンピース

の写真を、読者投稿「私のニットアルバム」のベストショットに選んでくださった方なんです。ご縁を感じる♪

 

初めてのイラストレーターは、なかなかマウスが思った通りに動いてくれなかったり、覚えないといけないツールやショートカットコードがたくさんあったりと、結構苦戦しました。線やカーブって鉛筆の用に書きたい線をなぞるのでなく、始点をどこにおいてどんな線をどこに向かって書きたいかを考えてマウスを動かす感じ。

本になっている編み図って、いったいどうやって作ってるんだろう?編集部の方は編み図作成のソフトとかを使っているのだろうか、なんて思っていましたが、

実際は、記号はすべてマウスで書き、組み合わせて、私たちが目にする編み図本を作っていると知り、驚きでした。

ほんとうに一つ一つ細かい作業とチェックの繰り返しであの毛糸だまは作られています。今後は、編み図を見る目が変わりそうです!

講習会では、編み図を書くために必要な基礎スキルを伝授していただき、イラストレーターで図を描くことになれることから、実際に製図や編み図を書いてみるところまで。

イラレの使い方だけでなく、毛糸だま編集者さんとしての苦労話や裏話も聞かせていただき、大大満足なお勉強会でした。ほんと、お値段以上!

講習二日目には、今後編み図を作っていくのに参考になる資料のお土産や、毛糸だま編集部の見学もさせていただきました。みなさん、ニット好きな編集者さんなので、デスクまわりに毛糸や編みかけのものが置いてあるのが新鮮。

社内カフェテリアも利用してみました。島根にはない、ドラマに出てくる都会の会社って感じです(笑)

メインのチキンを選択し、メイン以外はすべてビュッフェ形式。とってもおいしく、外に食べに行かなくてもこんなおしゃれでおいしいランチが食べられるなんて、さすがヴォーグ社です。

 

今回のメインイベントの2日間の講習会は、本当にあっという間で、やはり学びは楽しいな~と改めて感じました。

講習は受けましたが、編み図として人様に見せられるレベルに達するには、まだまだ練習が必要です。頑張ります。

(講師の舟生さんと私)