ワンコ服の簡単サイズ調整

knitting for dogs

犬種によっても、わんちゃんそれぞれの特徴によっても、異なるサイズ。

せっかく可愛い編み図を見つけても、自分のわんちゃんのサイズに合わなくて、断念せざるをえなかったり。

 

我が家の2匹のトイプードルも同じ犬種なのに、体格差があり、ニットを編むときは少しサイズを変えて作っています。

 

さて、今回は5センチ程度のサイズ調整の仕方についてまとめます。

 

サイズ調整方法

どこで幅を調整するか

増減がある部分をいじると、目数や段数の計算が必要になるので、できれば増減のないところで調整しましょう。

図のような形のデザインの場合、赤い線で印をつけている部分は、目数の増減が行われていません。

この部分を増やしたり、減らすことで、幅を簡単に調整できます。

 

この時、どちらかのみを調整するのでなく、胸と背中で均等に増やしたり減らしたりしましょう。

例えば4cm増やしたい時、背中側で2㎝、胸側で2㎝増やす、といった感じです。

 

丈の調整

丈を変えたいときも同じで、増減が行われていない部分を増やしたり、減らしたりするとよいです。

ただ、デザインによっては、1模様が16段などのように、16の倍数で丈を増やさないと模様が崩れてしまうものもあります。

模様が入っている場合は、1模様〇段×●目のような表記があるので、〇の倍数で丈を決めるようにしてみてください。

また、胸側は①と②で均等になるように増やしたり減らしたりしてくださいね!

 

何目、何段増やすのか

メリヤス編みや編みたい模様のゲージを編みましょう。

小さくても10cm×10cmの正方形分は確保して編みましょう。

編んだゲージから10cmの中に何目、何段入っているのかを数えます。

 

その目数と段数から増やしたい目数と段数を計算します。

例えば4㎝ずつ幅と丈を増やしたい時。

(ゲージ10cm内にある目数)÷10 × 4㎝ をすると増やしたい目数が計算できます。

 

段数も同じく

(ゲージ10cm内にある段数)÷10 × 4㎝

 

この段数と目数を増やすことでサイズ調整ができますよ。

 

この計算は、わんこニットでなくても人間用のセーターでも使えます!

 

 

まとめ

サイズ調整は、ゲージを編んで、増減のないところを増やしたり、減らしたりすることである程度までは簡単にできます!

5㎝くらいの調整ならこの方法で対応できると思います。

 

10㎝くらいの調整だと、増減部分にも少し工夫が必要になるかもしれません。

うちの子サイズのニットを編む際、ご参考になさってください~♪

タイトルとURLをコピーしました